典座ネット〜お供え膳をつくろう

大切な故人に手作りの精進膳を供えてみませんか

    平成25年 お盆の精進料理お供え膳

          2017/06/26




    作り方のコツやポイントなどの詳細部分は典座ネットブログ平成25年夏の各記事をご参照ください
    第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回

    当記事の内容を転載引用することを固く禁じます。

    平成25年お盆の精進料理お供え膳

    ○ご飯 ひじきご飯

    ひじきごはん

    調理法は『はじめての精進料理』39ページをご参照下さい。

    ひじきごはん

    ○豆腐とオクラの味噌汁

    豆腐とオクラの味噌汁

    1 水400mlに昆布3gを一時間以上漬けてダシを取る。
    2 豆腐200gをそぎ切りにし、昆布を取り除いた1のダシとともに鍋に入れ、
    酒大さじ1を加えて加熱し、沸騰したら弱火に落として2分ほど加熱し、
    味噌大さじ1強を溶いて火を止め、麩を四枚程度浮かべてふやかす。
    3 塩ゆでしたオクラを輪切りにして加える。

    ○平椀 カボチャのうま煮といんげんの田舎煮

    かぼちゃといんげんの田舎煮
    1 いんげん200gのヘタを取って実を食べやすい長さに切る。
    2 昆布だし400ml、酒大さじ5、みりん大さじ2、砂糖小さじ1/2、しょうゆ大さじ2を1とともに鍋に入れ、加熱する。
    3 沸騰したらごく弱火に落とし、煮汁がポコポコ噴く程度にして落としぶたをのせ、煮汁が半分程度に減るまで10~15分ほど煮る。
    4 火を止めて半日ほど冷ます。
    5 再度火をつけて加熱し、あたためてうつわに盛る。

    カボチャの田舎煮

    いんげんの田舎煮

    カボチャのうま煮は『はじめての精進料理』の一つめの料理として掲載していますのでご参照下さい。

    ○揚げだし豆腐

    揚げ出し豆腐

    調理法は『はじめての精進料理』56ページをご参照下さい

    ○膳皿 夏野菜の胡麻酢びたし

    夏野菜の胡麻酢びたし

    1 大根50gを皮ごと細切りにする。
    2 みょうが30gを細切りにし、多めの水に5分ほど漬ける。
    3 1と2をボールに入れ、塩少々を振りかけてよくもみ、10分ほどおく。
    再度よくもんで10分おき、汁気が出るので絞る。
    4 良く洗ったトマト100gを乱切りにする。
    5 グレープフルーツ100gの皮をむき、一口大に切る。
    6 蒸したとうもろこし粒30gをほぐす。(コーン缶でも可)
    7 小鍋で酒大さじ2,みりん大さじ1,しょうゆ大さじ1、昆布だし(または水)大さじ2をひと煮立ちさせ、胡麻油小さじ1/2を加えてよく混ぜ、三十秒ほどしたら火を止め、米酢大さじ2~3を加えてよく混ぜる。
    8 2~6を7の胡麻酢にひたして3分ほどおきなじませる。
    9 良く洗った大葉をしいて8を盛り付け、粒胡麻少々をふりかける。

     

    ○雀皿 キャベツとみょうがの浅漬

    キャベツとみょうがの浅漬

    1 キャベツ200gをざく切りにする。芯の部分は別にして細切りに。
    2 みょうが50gを細切りにし、多めの水に5分ほど漬ける。
    3 人参20g程度を細切りにする。
    4 各材料を良く洗ってザルにあげ、水をしっかり切る。
    5 全てまとめてビニール袋に入れ、塩小さじ1程度を加え、袋の口を縛ってよくもみ、30分ごとにもみこむ。2~3時間でできあがり。

    キャベツとみょうがの浅漬

     

    平成25年お盆の精進料理お供え膳

    戻る




     - 精進料理お供え膳の具体例

    Translate »
    Top <\/body>