典座ネット〜お供え膳をつくろう

大切な故人に手作りの精進膳を供えてみませんか

平成二十九年春のお彼岸お供え精進料理膳

      2017/03/18

平成29年(2017年) 春彼岸

  いり 3月17日(金)

  中日 3月20日(月・春分の日)

  あけ 3月23日(木)

今年もお彼岸お供え膳献立例を紹介していきます。今年の献立はこの写真の通り、詳細は明日から随時公開しますのでご参考になさって頂ければ幸いです。

 

このページでは必要なレシピだけを載せています。調理中カットや作り方のコツやポイントなどの詳細部分は典座ネットブログ平成29年春の各記事をご参照ください。

現在お彼岸中に各献立順次掲載中です。典座ネットブログをご覧下さい。

飯椀 汁椀 平椀 膳皿 高坏

平成二十九年秋彼岸のお供え膳献立

飯椀 
汁椀 
雀皿 
平椀 
膳皿 揚菜の花の辛子酢味噌
高坏  

平成二十九年春のお彼岸お供え精進料理膳

当記事の内容を転載引用することを固く禁じます。

○膳皿 菜の花の辛子酢味噌

菜の花の辛子酢味噌

1 菜の花150gを3~5㎝くらいに切ります。根元の堅い部分は別によけて斜めに薄く切ります。

2 沸騰したお湯に塩を少し加え、ゆでます。

3 ほぐしたしめじ30~50gも加えていっしょにゆでます。

4 ザルにあげてゆで汁を切ります。

5 別の小鍋で白みそ大さじ1強、みりん大さじ1、砂糖小さじ1/2、練りからし小さじ1~2を弱火で加熱し、よく溶き混ぜます。みりんのアルコール分が蒸発するくらい加熱し、ほどよく混ざったら火を止めます。

6 火を止めたら米酢大さじ1を加えます。

7 焼薄揚を用意します。薄揚1/2枚を熱したフライパンに乗せ、フライ返しで押しつけて両面に焼き目を付け、焼いた薄揚を縦に半分に切ってさらに細く刻みます。

8 6のあえしろのうち半分程度で水気を切った具をよくあえ、盛り付けたら残りのあえしろを上にかけます。

 - 精進料理お供え膳の具体例

Top <\/body>