典座ネット〜お供え膳をつくろう

大切な故人に手作りの精進膳を供えてみませんか

    平成29年 八月盆の精進料理お供え膳

          2018/01/19




     

    このページでは必要なレシピだけを載せています。調理中カットや作り方のコツやポイントなどの詳細部分は典座ネットブログ平成29年八月盆の各記事をご参照ください。

    飯椀 汁椀 雀皿 平椀 膳皿   

    平成二十九年八月盆のお供え膳献立

    飯椀 ピーマンとパプリカの焼き飯
    汁椀 炙りズッキーニのすまし汁
    雀皿 胡瓜と大根の塩麹漬
    平椀 涼やか豆乳滝川豆腐
    膳皿 大根ステーキ  
    坪    レタスの酒粕味噌あえ

    当記事の内容を転載引用することを固く禁じます。

     平成29年お盆のお供え精進料理膳

    ○飯椀 ピーマンとパプリカの焼き飯

    ピーマンとパプリカの焼き飯

    1 ピーマンとパプリカ、各50gほどをざっくりした細かさに刻みます。

    2 フライパンにオリーブオイル小さじ1を敷き、暖まったら1を炒めます。

    3 油が回ったら酒大さじ1と塩少々を加えてよく混ぜ、炒めます。

    4 冷やご飯1合分を加え、中火にしてほぐしながらよく炒めます。具がご飯にからんだら胡麻小さじ2~大さじ1を加えてできあがりです。あまり塩味を付けない方がピーマンとパプリカの甘みが引き立ちますが、好みによってはご飯を炒める際にしょうゆ大さじ1程度を加えても良いでしょう。

    ○炙りズッキーニのすまし汁

    炙りズッキーニのすまし汁

    1 水400mlに昆布3~5gを一晩浸けて水出し式でダシをとります。

    2 梅干し2~3個の種をとり、包丁で細かく叩いてなめらかにします。

    3 えのき30gを3センチほどに切り、ゆでてよく煮汁を切って冷まし、2とあえます。

    4 ズッキーニ250gを輪切りにします。250度のオーブンで9~10程度加熱し、焼き目を付けます。硬くなく食べることができ、甘みがでていれば完全に火が通っていなくてもかまいません。

    5 1のダシに酒大さじ2、みりん大さじ1,粗塩ごく少々、しょうゆ小さじ1を加えてひと煮立ちさせ、4を浮かべ、3をのせます。

    ○胡瓜と大根の塩麹漬

    胡瓜と大根の塩麹漬

    1 胡瓜100g、大根100gを食べやすい大きさに切ります。

    2 ビニール袋に入れ、小さじ2/3程度のあら塩をふります。

    3 ビニールの口を縛り、手で塩をなじませるようにもみ上げます。

    4 塩麹大さじ1を加えます。

    5 塩麹を加えたら再度ビニールの口をしばって何度かもみこみ、そのまま2時間ほど寝かせます。

    漬け上がったら塩麹をぬぐわず、そのまま盛り付けます。

    ○膳皿 大根ステーキ

    大根ステーキ

    1 大根300gを厚めの輪切り2枚にし、皮をかつらむきにしてフチを面取りします。食べやすいように、片側に隠し包丁を2センチくらい十字型に入れておきます。

    2 途中裏返しながら、水からゆでます。

    3 エリンギ50gを食べやすい大きさに切ります。

    4 いんげん30gのへたをとりのぞき、食べやすい長さに切ります。

    5 大根100~150gを皮ごとすりおろします。

    6 酒大さじ2、みりん大さじ1、砂糖小さじ2、しょうゆ大さじ2を混ぜておきます。

    7 フライパンに油小さじ2を敷いて中火で加熱し、3と4を炒めます。油が回ったら酒大さじ1としょうゆ小さじ1を加え、弱火に落として炒め煮のような状態にして火を通します。酒がほとんど蒸発したら別の容器によけておきます。

    8 そのままのフライパンに、煮汁を切った大根を入れて表裏横を弱火~中火で焼きます。

    9 全体に油と焼き色が付いて香ばしくしたら、6のステーキソースを加えて強火で加熱します。

    10 沸騰したらおろしを2/3ほど加えます。ソースをからめるように混ぜ、水分が半分くらいに煮詰まったらうつわに盛り、おろしの残り1/3を載せ、7の野菜を添えます。今回はとうもろこし50gも添えました。

    ○平椀 豆乳滝川豆腐

    豆乳滝川豆腐

    1 豆乳2カップ(400ml)を鍋に入れ、水60mlを加えます。

    2 酒大さじ2、みりん大さじ1、塩少々を加えます。これで水分量がおよそ500mlほどになっています。

    3 粉寒天4gを加えます。量は粉寒天によって多少変わるため、パッケージに書いてある標準量を参考にします。

    4 粉寒天がよく溶けるようにしっかり混ぜます。

    5 かき混ぜながら中火で加熱し、沸騰したら弱火に落とし、混ぜながら2~3分ほど加熱し、火を止めます。

    6 流し缶に豆乳を注ぎます。流し缶を氷水に浸けて一気に冷やし、あら熱がとれたら冷蔵庫で冷やし、完全に固まるまで待ちます。

    7 固まった豆乳寒天を流し缶から取り出し、ところてん突き器の幅に合うように切ってセットし、棒で押して直接うつわの上に押しだし、滝川の流れが表現できるように指で形を調えながらくねらせます。

    8 みょうが2本を輪切りに、大葉3枚を細切りにしてそれぞれ水に浸してアクを抜き、水気をきって添えます。しょうゆやポン酢をかけていただきます。お好みで、ワサビ・生姜・味噌などもよく合います。

    レタスの酒粕味噌あえ

    レタスの酒粕味噌あえ

    1 レタス150gを手でちぎって一口大にほぐします。芯の堅い部分は包丁で細かく刻みます。水に三分ほど浸けてシャキッとさせます。

    2 胡瓜70gを輪切りにします。

    3 干しわかめ5~7gを水で戻して一口大に刻みます。

    4 プチトマト10粒ほどのへたをとり、半分に切ります。

    5 酒かす50gをラップで包み、電子レンジ1000wで1分30秒ほど加熱して柔らかくします。

    6 加熱して柔らかくした酒かすに、味噌大さじ1を加えます。なるべく塩気が少ない甘めの味噌が適しています。

    7 昆布ダシ大さじ3、酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖小さじ1~2を小鍋で沸騰させてアルコール分を飛ばします。

    8 6に7を加え、フードミルでよく混ぜます。

    9 よく水をきった具に8を混ぜてよくあえます。あえしろの量は好みによって調整してください。

    平成29年8月お盆のお供え膳



     - 精進料理お供え膳の具体例

    Translate »
    Top <\/body>