典座ネット〜お供え膳をつくろう

大切な故人に手作りの精進膳を供えてみませんか

平成30年七月盆の精進料理お供え膳

      2018/07/14

このページでは必要なレシピだけを載せています。調理中カットや作り方のコツやポイントなどの詳細部分は典座ネットブログ平成30年7月盆のお供え膳の各記事をご参照ください。

平成30年七月盆のお供え精進料理膳

平成30年7月盆の精進料理お供え膳

平成30年七月盆のお供え膳

飯椀 汁椀 平椀 膳皿 

平成三十年 七月盆のお供え膳献立 

飯椀 さっぱり軽やか梅粥
汁椀 精進ワンタンスープ 
雀皿 メンマ胡麻油漬と胡瓜浅漬
平椀 ナスの精進フライ 味噌ダレかけ
高坏 精進ビーフン炒め   
坪    大豆もやしと胡瓜の吉野酢

当記事の内容を転載引用することを固く禁じます。

○飯椀 さっぱり軽やか梅粥

梅粥

1 白米90ml(1/2合)を研ぎ、500mlの水に20~30分ほど浸けておきます。

2 梅干し8~10粒程度の種をとり、昆布ダシ50~80mlとともにフードプロセッサーでといてトロトロにします。

3 お米と水を入れた鍋を火にかけ、沸騰したらお米の塊をほぐすために箸で軽く一度だけ混ぜます。鍋はできれば土鍋などの保温性が良いものを使います。

4 火を最小に落とし、フタを少しだけずらして閉め、このまま25分ほど加熱します。フタをピッタリ閉めると吹きこぼれる危険があります。

5 火を止めたらフタをピッタリ閉めて保温し、5~10分ほど蒸らします。

6 貝割れ大根10gを散らし、2の梅ペーストをかけていただきます。

○汁椀 精進ワンタンスープ

精進ワンタンスープ

1 豆腐に重しをかけて水切りをします。豆腐200gで15~20個ほど作ることができます。今回のレシピは4人分の分量です。

2 干し椎茸5枚を400mlの水に浸けて戻し、椎茸ダシをとります。

3 戻った椎茸を細かく刻みます。細切りにしてから揃えて切っていくと早く切ることができます。

4 えのきだけ100gを2センチほどに切ります。人参30gを細かく刻みます。えのきと人参は捨ててしまうような端っこでかまいません。

5 1の豆腐を手でなるべくバラバラになるようにつぶします。

6 フライパンに胡麻油小さじ2を敷いて3と4を炒め、火が通ったら5の豆腐を加えてよく混ぜ、しょうゆ大さじ1、塩少々を加えて混ぜた後、片栗粉大さじ1強を加えてよく混ぜます。

7 ワンタンの皮に6のあんを多すぎないように載せ、包みます。まず頂点を合わせて三角にし、ふちの合わさり部分を水で濡らしてから餃子のように少しずらしてギュッと圧着して留めます。

8 沸騰したお湯に1分ほど入れてゆで、パットにとって冷まします。

9 2でとった椎茸ダシ400mlに昆布ダシ200mlを加えて鍋に入れ、酒大さじ3、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1、塩少々で味付けして加熱します。

10 枝豆50gを加え、片栗粉大さじ1を水大さじ2でといて少しずつ入れ、薄とろみをつけます。とろみがないスープに仕上げたい場合は片栗粉は不要です。8を浮かべてもりつけます。

○平椀 ナスの精進フライ 味噌ダレかけ

ナスの精進フライ 味噌ダレかけ

1 長芋100gの皮をむき、すりおろします。これをフライ粉をまぶすためのつなぎにします。

2 米なす、賀茂なす、丸なすなどまん丸型のナス1個300gのヘタを取り、厚さ3センチほどの分厚い輪切りにします。

3 小麦粉大さじ2程度を全面にまぶします。

4 次に1のおろした長芋を全体にからめます。粘り気が強すぎるとはがれてしまうので水で薄めて調整します。

5 最後にフライ粉30g程度をまぶします。

6 180度の油で火が通るまで揚げます。ナスの皮はツルツルしているため、フライ粉がうまくつかなかった部分やはがれた部分が一部出ますが、むしろその方がナスの表面が見えて、また油も浸みやすいので無理に完全にフライ粉で覆わなくても良いと思います。

7 味噌ダレを作ります。味噌大さじ2に酒大さじ1、みりん小さじ1、砂糖小さじ1~2を加えて弱火で1分ほど練り上げます。

○高坏 精進ビーフン炒め

精進ビーフン炒め

1 ピーマン2個の種とヘタを取り除き、細切りにします。

2 人参25gを同じく細切りに、しめじ50gをほぐします。

3 生姜20gを細切りにします。水に30秒ほど浸けます。

4 ビーフン80~100gを沸騰したお湯に入れてゆでます。製品によってゆで時間は異なりますが、この後炒める行程があるため3~4分ほどの少し堅めにゆであげます。ゆであがったらすぐに水ですすいで冷やします。

5 フライパンに胡麻油小さじ2を敷いて加熱し、はじめに水気を切った生姜を炒めて油に風味をつけます。次に人参としめじを加えてよく炒めます。酒大さじ2、みりん大さじ1を加えてしめじに火が通るまで炒めます。

6 ゆでたビーフンを加え、さらにしょうゆ大さじ1を加えてよく炒め混ぜます。

7 最後にピーマンを加え、麺でかぶせるようにして火を切り、余熱で柔らかくします。ピーマンはあまり熱を加えると色も食感も悪くなってしまうため、最後に加えます。

8 盛り付けたら胡麻を少々まぶします。

○坪 大豆もやしと胡瓜の吉野酢

大豆もやしと胡瓜の吉野酢

1 きゅうり100gを良く洗い、4センチほどに切った後縦半分に切ります。太い場合は縦1/3にして細く切り、短冊にします。

2 大葉3~4枚ほどを細切りにし、水に3分ほど浸けてアクを抜きます。

3 大豆もやし70gをゆでます。余熱もかかるためゆですぎには要注意です。もやしのシャキシャキ感が残る程度にサッとゆでます。ザルにとってお湯を切り、自然に冷まします。

4 小鍋に昆布ダシ大さじ4、酒大さじ2、みりん大さじ1、砂糖小さじ1/2、しょうゆ小さじ1をひと煮立ちさせ酒のアルコール分が飛んだら、酢大さじ2を加え、さらに片栗粉小さじ2を水大さじ1で溶いて混ぜながら少しずつ鍋に入れてとろみをつけ吉野酢を作ります。水溶き片栗粉を加えて30秒ほどで火を止めます。

5 胡瓜、大豆もやし、大葉をボールであえ、吉野酢大さじ3程度を加えてよく混ぜ、下味をつけます。下味を付けずに直接具だけを盛り付けて吉野酢を上載せしても良いのですが、具に薄味をつけてなじませるためにこの手順が必要です。

6 盛り付けた具の上に吉野酢を載せます。

 - 精進料理お供え膳の具体例

Translate »
Top <\/body>